カラコン 危険性


即日配送カラコンTop > カラコンの危険性

カラコンも薬事法の規制対象に

ここはちょっとマジメなページです。安全にカラコンをお使いいただくための情報を記載しました。

カラコンって安全なの・・・。

つけるだけで女優や人気モデルのように誰でもパッチリデカ目になれるカラコン。

インターネットや量販店で安く買える度なしのおしゃれ用カラコンは“雑貨品”に分類され薬事法の規制外だったことで、使用者の危機意識も低く、正しく使われていなかったことから目の健康被害を生じることもありました。

カラコンの危険性が認識されはじめたことにより平成21年11月4日、視力補正を目的としない度なしカラコンについては、視力補正用コンタクトレンズと同じように高度管理医療機器として薬事法の規制対象となりました。

これに伴い、カラコンの製造・輸入にあたっては厚生労働大臣の承認が、販売にあたっては都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の設置が義務づけられています。

入手は以前に比べると手間が増えてしまいましたが、その分安全性は確保されています。ただし未だ粗悪なカラコンを販売する業者もあるようですので、しっかりとした販売店で購入することが大切です。

カラコンによるトラブル

カラコンによる主なトラブルは知識不足による使用者の手入れ不良によるもので、充血が治らない、目がゴロゴロする、角膜に傷が付く、中には角膜潰瘍が疑われる症状などもあり放っておけば視力低下に及び視力障害が残る可能性もあります。

また、独立行政法人国民生活センターが視力補正を目的としないカラコンを対象に調べたところ、眼粘膜刺激が起こりうる程度の細胞毒性が認められるものや、着色剤の溶出が確認されたものが複数見られたそうです。

粗悪なカラコンの使用は、角膜炎や結膜炎などの眼障害やにつながる恐れがあります。

カラコンを使用する際の注意点

カラコンを使用するにあたって

上記は必ず守りましょう。

カラコンはメイクの一部のように思われていますが、やはり目に入れて使用するため、通常のコンタクトレンズと同じ意識を持ち、定期的に眼科で検診を受けることをおすすめします。

また、安さや手軽さだけに惑わされず、目の安全を優先してカラコンを選びましょう。

<<< 365日即日配送のカラコン ご購入はこちらから >>>