カラコン 処方箋


即日配送カラコンTop > カラコンの購入に処方箋はいるの?

カラコンに処方箋は必要?

ここはちょっとマジメなページです。安全にカラコンをお使いいただくための情報を記載しました。

平成21年11月4日より、視力補正を目的としないカラーコンタクトレンズ(おしゃれ用カラーコンタクトレンズ)でも、視力補正用のコンタクトレンズと同様、高度管理医療機器とされ、薬事法における規制対象となり、度ありカラコンは薬事法上の“高度管理医療機器”に該当するため処方箋が必要となっています。

一方、度なしカラコンは薬事法上の“高度管理医療機器”に該当しないため、法律上の制限がありませんが、目に直接つけるものであること、誤った取扱いをすると目に重大な障害を引き起こす可能性があるので、眼科で相談の上使用することをおすすめします。

カラコンの注意点

カラコンは通常のレンズよりも酸素透過率が低いため、角膜の酸素濃度が低下してしまいます。

その上レンズの着色により透過性はさらに低下し、レンズの表面が汚れてくると角膜はかなりの酸素欠乏状態になってしまいます。

できるだけ装用の回数は少なくし、1日の装用時間も8時間以内にとどめましょう。また煮沸するとすぐ変形してしまうので、コールド消毒によるこすり洗いをしましょう。

定期健診を受けましょう

カラコンを購入する際に処方箋は不要ですが、通常のコンタクトレンズと同様、眼に入れて使うもの。

また、カラコンは酸素透過率が低いものを多く、間違った取り扱い方をすると、深刻な目の健康問題を引き起す感染症の起こす可能性もあります。

少しでも違和感を感じたらすぐに使用はやめ、病院に行くのは基本ですが、無症状でも進んでしまう目の病気などもあるため、3ヶ月に1回は定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。

<<< 365日即日配送のカラコン ご購入はこちらから >>>